【077】「“人気メニュー”だからこそ早く食べられるようにする」の10年後

 


ここすご2020


TDLでカレーライスが食べられるところというと「ハングリーベアーレストラン」が有名です。この本が出版された当時から存在しているお店でゲストには大変人気のあるお店です。以前(本が出版された当時なので2009年頃)はお昼時でも強烈に混雑していた印象はあまりなく、むしろ「今日は人が多いのでカレーにしよう」という感覚で利用していました。最近はこのレストランとても混んでいます。


ここすご2020ここすご2020


11時頃から15時頃までは大抵大行列に並ばなければなりません。飲食店舗のキャストが店舗の外に出て列の整理を行うシーンが見られるのは全国のテーマパークの中でもTDLくらいではないでしょうか?

このお店に限ったことではありませんが、11時頃からTDL内の飲食店舗は店舗外に出たゲストの列を整理するキャストをよく見るようになりました。園内で食べてくれるというのは施設側にとってみればありがたいことです。


ここすご2020ここすご2020


しかし、考えてみるとTDLもTDSも再入園が可能です。そしてちょっと足を延ばせばイクスピアリのような商業施設のフードコートを利用することも可能です。なので、混雑を避けしかもリーズナブルな価格の園外で食事をする人が増えてもよさそうなものですが、食事だけ外でするというのはあまり見かけません。むしろこういう喫食をするのは自分のような一人で行ったマニアくらいのものかもしれません。

本ではカレーの話を引き合いに出しているので、ここでTDLのカレーライスを他のお店と比べてみます。街中のお店でカレーライスのお店といえば、やっぱり“ココ壱番屋”でしょう。同じ商品で比べるためにハングリーベアーレストランのカツカレーで比べてみましょう。2020年2月の価格でハングリーベアーレストランのポークカレーは990円です。同じようにココ壱番屋で標準のカレー(ポークカレーの300グラム)が514円。トッピングの“手仕込みとんかつ”が471円。合わせて985円。

なんと、街中のカレーライスショップとほぼ同価格です。
テーマパークなど入場料金を取るお店の飲食品の価格は、街中のお店よりも高いというのが定説です。


ここすご2020


USJにはカツカレーライスの販売がないので、カレーライスで代表的なキーマカレーライスを頼むと1790円。なんとTDLの二倍近くかかります。

こう考えると街中のものとの料金がさほど変わらなければ移動する手間を考えて少々待っても園内で食べようと考える人が多くなるような気もします。
テーマパークの飲食店舗は形態が「テーブルサービス(TS)」「バフェテリア(BS)」[ファーストフード(FF)]の三種類に大別できますが、TDRはFFの商品価格がとてもリーズナブルで、街中の商品を大差ないものがたくさんあります。

こんな値段で施設として十分黒字化できているのはなぜか?実に気になります。


TDRの飲食メニューの例

ここすご2020ここすご2020


TDRの飲食単価は2009年が2128円、2019年が2351円です。カレーで1000円使う人は確実に(ポップコーンなどのようなワゴンショップを含めた)他の飲食店舗も利用するでしょう。TSレストランのメニューを見ても2000円越えはあまり見られませんので、単価の高い店舗の客が客単価を引き上げているというだけではないようです。


USJの飲食メニューの例

ここすご2020ここすご2020ここすご2020


一方でTDR以外の施設ではTDLのカツカレーライスのようなものでも1000円越えの価格はよくあります。コースランチのようなものになるとUSJ当たりでは3000円越えなども見られます。キャラクター版権などが絡んでくる期間限定のメニューも同様です。

以前調べたことがあるTDR以外の施設ではゲストの喫食機会が1.0前後なのですが、ここから考えるとどうやらTDRはこれが1.5以上(2.0に近いのではと思います)なのではないかと思います。他の施設では入場後は1回しか食べないところが、TDRでは1.5~2回、あくまでも平均ですから人によっては3~5回の人もいるでしょう。

「人気メニューだから早く食べられるようにする」ことを実践していく裏には、人気メニューとして維持し続け、価格を抑えることで園外にゲストを逃がさない価格戦略、喫食を一度で終わらせない店舗内の商品構成など「提供時間を早くする」こと以外の“すごい”ポイントがあるようです。

 

そんなTDRではテーブルマナー教室なども開催するようです。将来的にパークよりも高単価なホテルの店舗を利用してもらいやすいように今から仕込んでおこうということなのでしょうか?

https://www.tokyodisneyresort.jp/hotel/topics/event/at_the_table.html

 

高単価を維持するための戦略も「すごい」です。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です